ビザ申請・就労ビザ・更新、会社設立は、冨田国際行政書士法務事務所にお任せ下さい

 

投資・経営ビザについて

   

 投資・経営ビザとは

    投資・経営」とは、主に次のような活動を行う場合に該当します。
 
    1.日本で事業の経営を開始してその事業を経営する者。
    
    2.外国人が経営する事業の管理に従事する者。

    3.日本の事業に投資してその事業を経営する者。


  

投資・経営ビザ申請のポイント

       投資・経営ビザ申請において、一番多いケースは上記1の場合です。
   このケースは、会社を設立し従業員を雇用して実際に会社の業務運営にあたる
   経営者をいいます。
   従って、
このビザの申請にあたっては投資金額施設の状況雇用状況
   会社設立の内容
事業計画の内容等様々な条件・制約があるため、充分な
   事前の準備
が必要になります。

   万一、ビザ申請が不許可となった場合はその事業の経営を行うことができない
   ことから、投資金額を含めて施設等をすべて処分するすることになりますので、
   失敗は許されません。

   このため、
投資・経営」の申請に関しては、事前に経験豊富な専門家に
   
相談される
ことをおすすめします。




     お問合せは、
こちらからどうぞ