ビザ申請・就労ビザ・更新、会社設立は、冨田国際行政書士法務事務所にお任せ下さい


その他の就労ビザについて


技術の在留資格とは


 在留資格の「技術」に相当する具体的な業務としては、
 ITに関連する技術者、機器・建築・土木等の設計者、製品の開発技術者
 などが該当します。

 

技術ビザの申請条件


 従事しようとする業務に必要な知識に係る科目(理科系)を専攻して
 大学を卒業するか、またはその業務について10年以上の実務経験が
 必要となります。

 ただし、情報処理技術に関する試験に合格し、または一定の情報処理
 技術に関する資格を有しているときは上記に該当しません。

 お問合せはこちらから → 「技術ビザ」のお問合せ 


 

「技能」の在留資格とは


 「技能」とは、日本における産業上の特殊な分野に属する熟練した技能
 を要する業務に従事する活動となっています。

 具体的な業務としては次のものがあります。
 
 調理人(コック)、外国の特有な建築に係る技能者、宝石・貴金属等
 の加工技能者、動物の調教技能者、スポーツの指導技能者
等が該当します。

「技能ビザ」申請の条件

 
 上記の業務について10年以上の実務経験を有しており、その技能を
 必要とする業務に従事する者。

 ただし、スポーツの指導技能者は3年以上の実務経験となっています。

 

 お問合せはこちらから → 「技能ビザ」のお問合せ

 

人文知識・国際業務とは


 具体的な業務としては、経理営業等の専門職通訳翻訳語学指導
 広報宣伝貿易 等が該当します。



人文知識・国際業務ビザの申請条件


 従事しようとする業務に必要な知識に係る科目(文科系)を専攻して
 大学を卒業するか、またはその業務について10年以上の実務経験が
 必要となります。
 
 ただし、通訳、貿易等について3年以上の実務経験があれば大学の卒業
 は必要ありません。

 お問合せはこちらから 
→ 「人文知識・国際業務ビザ」のお問合せ


企業内転勤の在留資格とは


 企業内転勤とは、海外の日本企業の子会社、関連会社に雇用されている
 外国人が、日本の本店・支店・工場等へ転勤するなど企業内の人事異動
 によって日本で勤務する場合の在留資格
です。
 (この中には、日本に本店を置くものに限られず外国企業、外資系企業、
 合弁企業、等の事業所間の企業内転勤も含まれます。)

 外国の事業所から日本の事業所に一定期間転勤して行う技術又は
 人文知識・国際業務の在留資格に対応する活動が該当します。



「企業内転勤ビザ」申請の条件


 日本への転勤の直前に外国にある本店、支店、その他の事業所で
 1年以上継続して「技術」又は「人文知識・国際業務」の業務に従事
 していることで、大学の卒業等の条件はありません。



 お問合せはこちらから 
→ 「企業内転勤ビザ」のお問合せ